ベットで髪を切っても毛が残らない。エアクリッパーで5分カット⁉ | 札幌の訪問理美容・リハビリ、出張美容師・化粧ならノーリエFP(日本理美容福祉協会札幌センター)

お知らせNews

ベットで髪を切っても毛が残らない。エアクリッパーで5分カット⁉

空気の流れで髪を切る『エアクリッパー』

空気の流れをとらえながら髪を切る!エアクリッパー

空気の流れをとらえながら“髪をカットする”エアクリッパー。 床やベットに髪の毛が落ちず、安全で安心なスピードカットを実現。高齢者や障がい者の肉体的な負担軽減につながります。

訪問理美容の未来を切り開く“エアクリッパー”を入手することができました。

エアクリッパーは2018年秋に初期モデルが販売されましたが、北海道には取扱店や技能講習を受ける場所がなく入手条件を満たすことが出来ずにおりました。
しかし、コロナ過の影響により技能講習の代用策としてオンライン講座を受講することで購入条件をクリアすることができたのです。

習いに行きたくとも行けない状況下でオンライン講座は本当に便利な仕組みです。

現在、技能研修や試験導入を進めております。2020年12月上旬に最新モデル販売に合わせ訪問理美容の現場への導入を予定しております。

 

エアクリッパーとは?
訪問理美容のために誕生したプロ専用の吸引式バリカンです。

バリカンと吸引機能を一体化させた電動バリカン「ヘアスイーパー」という生活家電は売られていますが・・・

訪問理美容のプロが使うものとなると、吸引力に加え軽量かつ握りやすい本体形状、パワフルな切れ味を必要とするため
現場の仕事では使えないものばかりでした。

使いやすく実用性を追求したエアクリッパーは訪問理美容の常識を変革させる可能性を秘めたバリカンといえるでしょう。

 

 

エアクリッパーの練習

エアクリッパー講習会

『毛が床に落ちない⁉』エアクリッパーを使った技術講習

エアクリッパーは通常のバリカンとは異なる切り方をします。
吸いながら切るカット技法は“従来の美容のカット技法とは”異なり、理容のカット技法を応用した感覚に近い印象を感じました。

訪問理美容の現場てデザインしている仕上がりを出すまでには相当の経験が必要にはなりますが、
エアクリッパーを自由自在に扱うことができれば、訪問理美容業界を生き抜くための大きな武器になるのは確かです。

 

 

お客様満足度をUPさせるためのカット技法を研究

手元が明るい 光るバリカン

エアクリッパーを使ってどこまで切れるのか試行錯誤が始まりました。
正直、慣れない道具に悪戦苦闘しています。

吸引するための開口部を上部についており普通のバリカンよりも本体が大きく吸引力も200W近くなるので
エアクリッパーの操作で綺麗にカットするためには独自の技術習得が必要となります。

 

 

安全な道具 ハサミを使わないので指を切る心配はない。

エアクリッパーで手間刈り

エアクリッパーで手間刈り

 
感覚になれるまで、従来の切り方でカット。
なれないのでエアクリッパーにつながっている吸引ホースが少し邪魔に感じる( ノД`)シクシク…
 
一方、クリッパーはハサミを使わないので耳などを挟むケガの心配は少ないので安全性は確保できます。
エアクリッパーは、我慢できず動いてしまう認知症高齢者や精神障害者にとっては精神的な負担を取り除ける可能性を秘めています。
 
 

技術の試行錯誤を進めています。

エアクリッパーでカットの練習

すそ刈り、刈り上げしても髪の毛は落ちない

 
エアクリッパーの使い方は製造販売元から教えられましたが求める仕上がり具合とはならず
現在、カット方法を毎日研究しております。
 
弊社では出来る出来ないで判断するのでなく、どうすれば求めるクオリティーに到達し、
どうすれば利用者の満足度を引き上げられるのか真剣に考えております。

 

 

エアクリッパーとは

エアクリッパー正面

エアクリッパー正面は下部に刃と上部に吸引口が一体的な構造

エアクリッパーは、30年間訪問理美容に取り組む会社と町工場が3年の月日をかけて作り出した
訪問理美容に特化した究極のバリカンです。

バリカンの刃や駆動モーターは米国のウォールのバリカンをベースになっています。
それ以外の加工部品は国内産。

寝たきりの状態をカットする際、手元が暗くならないようにLED照明が内臓されているのが特徴。
これにより枕もとで光が届かない暗闇部分でも安心してカットできるようになっています。

 

特徴その1 小さい・軽いコンパクト設計

エアクリッパー 横側

特徴としては通常のクリッパーよりも縦が半分以下と短くコンパクトな設計になっています。
男性でしたら手の中に納まるサイズなので頭が浮かせる(10cm)ほどの隙間があれば寝たきり患者にも対応しやすい大きさともいえます。

 

 

特徴その2 クロス不要 髪の毛を残さず吸い取る

エアクリッパー 後側

エアクリッパーの裏側

エアクリッパーの裏側をみると穴が開いています。専用のホース(特許)と掃除機を連結させ、カットした髪の毛を残さずに吸引します。
掃除機で吸引しながらカットできるので、首にクロスを巻く必要がございません。

カットクロスが不要とすることで感染リスクを引き下げる効果が期待できます。

 

 

特徴 その3 ベットカットのカット時間が短縮

エアクリッパーと専用ホースを連結

エアクリッパーと専用ホースを連結

専用吸引ホースは家庭用掃除機のホースと比較すると半分の太さです。
訪問理美容の現場で使いやすいように限界まで小さく設計しているとのこと。

ベットに寝たままカットすると払っても頭皮に残る髪の毛を完全に取り除くのは難しかったのですが、
エアクリッパーが髪を吸い込んでくれるので、ベットを養生する・後始末をする手間がなくなります。

施術時間が3分1以下に短縮されるので利用者様、スタッフの負担も大幅に軽減。
ホースが細いので耐久性が気になりますが今のところ 切れていなぁ~ぃ♪

 

 

新たな取り組みとして見守っていただけると幸いです。

エアクリッパーに25㎜の巨大ブレード専用ガイドコーム

25㎜の巨大ブレード専用ガイドコーム

新しい道具や技術の改良には時間と手間がかかります。
吸いながらカットするには従来のカット方法とは別のカット技法を研究する必要がどうしても起こります。

エアクリッパーを使うことで「身体的な苦痛・負担」を取り除くが出来ても、技術レベルを落としては本末転倒。
弊社はご利用者様・施設関係者の方に喜んでいただけるサービス開発に努めて参ります。