ドライヤーの冷風でつやつや髪へ | 札幌の訪問理美容・リハビリ、出張美容師・化粧、訪問鍼灸ならノーリエFP(日本理美容福祉協会札幌センター)

コラムColumn

ドライヤーの冷風でつやつや髪へ

つや 髪

ドライヤーの『冷風機能』使っていますか?

実はメリットいっぱいの髪の味方なんですよ!

 

〈つやつや髪へ〉

つやつやの髪はキューティクルが均等に並び、きちっと閉じている状態です。髪をこの状態にしてくれるのがドライヤーの冷風機能。濡れた髪やドライヤーの温風で髪を乾かしている時はキューティクルが開いた状態にあります。温風で熱くなった髪に冷風を当てることで、キューティクルがきゅっと引き締まり、髪がつやつやになります。

 

〈ダメージを軽減〉

ドライヤーの吹き出し口から出る温風の温度は100~120℃にもなります。これを集中的に髪に当てていると、髪も高温になりダメージを受けてしまいます。熱が一点に集中しないように、ドライヤーを揺らしながらかけるのはもちろんですが、時々冷風に切り替えながら乾かすと、髪が熱くなり過ぎずに適度な温度で髪を乾燥させることができます。

 

〈髪型キープ〉

髪はたんぱく質でできています。なので、温めると柔らかくなり、冷やすと固まる性質があります。この特性を利用して冷風機能で髪型をキープすることができます。ボリュームを出したい場合は、根元を立ち上げるように温風で乾かし、仕上げに冷風を当てるとふんわり感が長持ちします。前髪をキープさせたい時も、仕上げの冷風でぐんと長持ちしますよ。

寝ぐせに悩んでいる方も、ぜひ一度仕上げの冷風を試してみてください。翌朝のスタイリングがぐっと楽になりますよ。

 

〈髪に優しいドライヤーでの乾かし方〉

1. まずはしっかりタオルドライ

髪の根元は水分が溜まりやすいのでマッサージするように、髪全体は優しくポンポンと挟むようにタオルドライしてください。洗い流さないトリートメントなどを使う時は、このタイミングで使います。

2. 強温風で根元から乾かす

髪の毛が集中している根元をまずは乾かしましょう。その後、中盤から毛先にかけて8割ほど乾かします。

3. 弱温風で髪をセット

前髪やトップのボリュームなど、弱温風を当てながら髪をセットしていきます。

4. 冷風で仕上げ

最後に冷風を使って、髪の毛を整えながら乾かします。この、仕上げの冷風で髪型が長くキープされます。

 

ドライヤーの冷風機能、上手に使ってつやつや髪をキープしちゃいましょう!
低温+超高濃度イオンドライヤー

・60℃の低温ドライヤーのため過度に水分を飛ばしてしまう乾燥を防ぎます。
・低温ですが風量0.015~0.021立方メートル/秒のため十分な速乾性があります。
・超高濃度イオン(3000万イオン)の噴射により、  髪に付着したウイルスの除去や消臭効果が期待できます。

◆ 現在、専用コームとヘアドライタオルをセット販売しております。
低温&イオン効果による消臭効果において ペットのいるご家庭でもおすすめいただけます。