20分で、関節の痛みを緩和します「訪問はり・きゅう ノーリエ鍼灸院」 | 札幌の訪問理美容・リハビリ、出張美容師・化粧、訪問鍼灸ならノーリエFP(日本理美容福祉協会札幌センター)

お知らせNews

20分で、関節の痛みを緩和します「訪問はり・きゅう ノーリエ鍼灸院」

リュウマチ、関節痛の症状で痛みを感じる高齢者

日本理美容福祉協会札幌センターでは、新しく高齢者鍼灸に特化した「訪問鍼灸 ノーリエ鍼灸院」を開設いたしました。

訪問鍼灸ノーリエ鍼灸院は、訪問理美容のご利用者様の心と体のケアを目的とした在宅療養支援の事業部です。
コロナ過で身体機能の悪化(低下)している方や慢性的な身体の痛みなどで歩行が辛い方のご自宅に、
はり師・きゅう師の国家資格をもっ高齢者鍼灸スタッフが訪問して、介神経痛、リウマチの症状を緩和させていただきます。

在宅療養のケアを目指すノーリエ鍼灸院では、しんきゅう(鍼灸師)による介護予防の体操、バイタルチェック(体温、血圧、脈拍、呼吸)も行います。
もし異常値のサインが出た時は速やかに主治医へ相談し、担当のケアマネージャーに当院からご連絡させていただきます。

ご利用者様の美容と健康はもちろんのこと、そのご家族様にもご安心していただけるようなサービス提供を心がけてまいります。

 

【リリース情報】

訪問理美容と高齢者鍼灸をコラボレーション!「在宅介護・在宅療養を支える」在宅支援サービスを提供

日本理美容福祉協会札幌センター(ノーリエ合同会社)では訪問鍼灸サービスを導入するために訪問鍼灸 ノーリエ鍼灸院を開設いたします。

本サービスは、理美容師と鍼灸師が連携を取りながら、在宅療養者の身だしなみや健康維持に取り組み、
最終的に施術満足度、生活の質を最大化することを目的とした「在宅療養生活支援」のサービスです。

感染リスク対策として外出を控える高齢者が少なくない一方、要介護度が上がり身体機能の悪化(低下)している方や慢性的な身体の痛みなどで歩行が辛い方が増えました。
「在宅療養生活支援」のサービスを構成するサービス群の第一弾として、2021年2月1日に『訪問鍼灸ノーリエ鍼灸院』による訪問鍼灸サービスを開始します。

 

 

業界初 訪問理美容と訪問鍼灸による在宅療養生活支援のサービス

ノーリエ合同会社/NPO法人日本理美容福祉協会札幌センター(本社:北海道札幌市北区西茨戸1条1丁目8番27号、代表社員:村井一則、以下「ノーリエ」)は、
水平多角化への試みとして『訪問鍼灸 ノーリエ鍼灸院』による訪問はり・きゅうサービス提供を行います。

 

 

■訪問鍼灸事業参入の背景

現在、ホットペッパービューティーアカデミーが行ったインターネットリサーチによると訪問理美容サービスの認知率は年々増加しており、認知率は81.6%、これまでの利用経験率は32.0%、サービスに対しては利用者の85.0%が満足と回答ある一方、日本の鍼灸受療率は5%程度で利用者の数は多くはありません。

 

高齢者に対する訪問鍼灸は神経痛や関節痛などの痛みの緩和、華麗で衰えた胃や腸の身体機能改善につながるなど緩和ケアに有効であると知られてはいるものの利用経験は少ないのが現状です。今後ますます、在宅療養する高齢者の増加に伴い自宅療養型の緩和ケアを必要とする潜在利用者層は3~4倍に膨れ上がるのは明らかです。

 

訪問理美容は歩行が難しく理容室、美容院に通うことができない高齢者に対しご自宅へ訪問して施術を行いますが、利用者さんの調子や変化などを会話から読み取り安全にサービスが提供できるように努めております。観察スキルにおいては訪問鍼灸を行う際にも同じことがいえます。

訪問美容と訪問鍼灸では福祉と医療で分野は異なりますが利用者様の生活を支える点においては共通することも多く、双方連携することにおいて在宅療養を支える力になると考えております。一方、鍼灸を経験したことのない潜在利用者にとって、鍼灸は「痛そう」「効果がない」等のイメージがありますから、関心があっても最初の一歩を踏み出せない方もいるのも事実です。

高齢者鍼灸は車いす利用者や歩行困難な人の機能回復を目的とした施術ではありますが、私たちの目指すものは定期的に鍼灸師とコミュニケーションをとり、在宅療養にかかるストレスの緩和や精神的ケアを行うところにあります。

 

 

■訪問理美容と訪問鍼灸の水平多角化

水平多角化とは「同じ分野での事業を広げる戦略」のことであり、訪問理美容サービスの利用者と同じ顧客層を対象とする訪問鍼灸はマーケティング面においてシナジー効果が期待できます。また訪問記録・生活状況・身体状況・サービス提供者関連情報を集約し、主治医・各事業所のケアマネジャーへ情報提供及び連携することで「在宅療養支援特化型」サービスの目的とする生活の質向上を目指します。

 

また異業種連携により、訪問理美容/鍼灸院のwafterコロナ時代への対応を加速させるとともに、医療・介護予防・健康・美容等に関心がある「潜在顧客層」を新たに開拓することで医療・介護業界の発展にも貢献して参ります。

 

ノーリエの水平型多角化経営とは、多角化戦略の中にあっては、相対的にローリスク・ローリターン型のソーシャルビジネスといえるでしょう。

 

 

■最期のときまで尊厳を保つことができる

訪問鍼灸 ノーリエ鍼灸院では『利用者の訪問記録』『利用者・患者情報』をもとに施術担当が適切な治療目的に応じて施術が行っているのかチェックしております。日々の訪問実績や血圧、脈拍などのバイタル測定を記録し施術内容の一部変更などをご提案いたします。健康情報や施術内容は担当医、ケアマネージャーに報告書を作成するなど利用者様の健康管理も担います。

ノーリエは訪問理美容、訪問鍼灸の業務にオンライン機能を積極的に活用することで、利用者様・ご家族フォローアップを強化し、利用者の満足度向上、地域福祉の貢献につなげて参ります。

 

詳しい内容については「無料体験のご案内チラシ」でお知らせいたします。
1月20日からダウンロード(PDF)でもご提供させていただきます。

資料請求はお問合せ(訪問鍼灸に⦿)をいれて送付先をお知らせください。

訪問鍼灸 ノーリエ鍼灸院【本店】