化粧品にもある使用期限! | 札幌の訪問理美容・リハビリ、出張美容師・化粧、訪問鍼灸ならノーリエFP(日本理美容福祉協会札幌センター)

コラムColumn

化粧品にもある使用期限!

試供品の化粧品を家で見つけた時「これまだ使えるのかな」って思ったことはないでしょう?

食べ物じゃないから大丈夫と思っても、じつは化粧品やコスメにも使用期限があるんです。

 

〈基礎化粧品〉

未開封:3年(使用期限の記載のないもの)  開封済み:6ヶ月以内

開封したものは徐々に成分の劣化が進みます。また、手で触れるので雑菌がまじることがあります。
6ヶ月以内でも下記のチェックをして当てはまる項目があれば、使用を中止しましょう。

質感   手触りや感触が変わっている・分離している

色      変色している・濁っている

香り 香りがなくなっている・酸っぱい匂いがする

 

 

〈コスメ〉

マスカラ 3ヶ月以内
リキッドアイライナー 3ヶ月以内
ペンシルアイライナー 3ヶ月以内
アイシャドウ 1年以内
化粧下地、ファンデーション 半年以内
クリームチーク 半年以内
リップ、グロス 半年以内
チーク 2年以内
コンシーラー 半年以内

 

 

〈日焼け止め〉

未開封:3年(使用期限の記載のないもの)  開封済み:1年以内

ふたをきちんと閉めた状態で保存状態が良ければ、前年に購入した物でも使用可能です。

ただし、開封した時点から劣化は始まっています。使用前にチェックしてみましょう。

変色がないか

酸化してしまうと、白かったものが黄色になっているなどの変色が起こります。

においがしないか

油臭くなっていたり、においが変わっているものは使用しないでください。

分離していないか

分離していたら成分が変質している証拠です。振って使うタイプのものは分離がわかりづらいので、不安がある場合は使用を中止しましょう。

 

日焼け止めは油分が多いため、開封後は品質が劣化しやすい傾向にあります。

できれば、毎シーズン新しいものを使うのがベターです。

 

〈劣化を防ぐ保存方法〉

  • 直射日光・高温多湿を避ける

常温で保管しましょう。直射日光が当たる窓辺や暖房器具の近くなど温度変化の激しい所に置くと品質の低下につながります。

  • ふたはしっかり閉じる

ふたをしっかり閉じ、酸化を防ぎましょう。中ふたがあるものは捨てずに最後まで使用しましょう。

  • 清潔な状態を保つ

容器のふちに中身がついていたらこまめにふき取りましょう。また、指ですくうタイプのジェル状のものなどはスパチュラ(へら)を使うとより雑菌が入るのを防ぐことができます。

 

 

美しくなるための化粧品で、肌にダメージを与えてしまっては元も子もないですよね。

お肌の為にも使用期限気にしてみませんか。