ご近所のお友達よりも「5歳若く見られる」アンチエイジングとは | 札幌の訪問理美容・リハビリ、出張美容師・化粧ならノーリエFP(日本理美容福祉協会札幌センター)

コラムColumn

ご近所のお友達よりも「5歳若く見られる」アンチエイジングとは

介護予防教室でお化粧セラピー体験する60歳以上の高齢者の皆様 札幌市北区の鉄西会館

 

■美容を意識する高齢の女性は暦年齢よりも10歳以上若い

普段の生活における訪問カット、化粧リハビリなどの美容は生活の質の向上させますが、

実は、「老化」「認知症予防」にアンチエイジングは欠かせない重要な要因なのです。

 

 

■となりの人よりも4才~5才若く見せることができる

アンチエイジングと聞くと「若返り」「美肌」「化粧水」などをイメージしてしまうものですが、

昨日よりも若返るということは現実的ではありません。

 

アンチエイジングとは、「今ある美しさを生かし、明日を綺麗に過ごすためケア」のことを意味します。

若返りを期待されている方からは、落胆の声が聞こえてきそうですが・・・

「近所のお友達よりも見た目が若くなりたい!」というお話であれば、アンチエイジングはあなたの希望に応えてくれるでしょう。

 

 

■アンチエイジングをする理由

アンチエイジングの効果には、老化の進行速度にブレーキをかけることにあります。

肌に張りが失われる老化は、例えるなら「自転車で坂道を下るようなイメージ」です。

坂道を下る自転車はブレーキをかけずにいれば、スピードが増し、早い速度で進んでいくことは想像できますよね。

 

老化もある時を境に進行していくもの。

老化そのものは誰にも止めることはできませが、老化をゆるやかなものにすることは、その気になれば誰にでもできることです。

自己のケア管理に気を配ることができれば、自然と年齢差が生まれてくるものなのです。

1日で効果が出るわけではありませんが、3か月後には「化粧品変えたの?」と聞かれるぐらいお友達との差がて始めるかもしれません。

 

 

■アンチエイジングは認知症予防になる

アンケート調査によると「綺麗になることに興味がなくなる年齢は60才を過ぎるころから」現れてきます。

つまり60才を過ぎてからのアンチエイジングで年齢差が起きやすいともいえます。

日本理美容福祉協会札幌センターが行っている「メイクセラピー」もアンチエイジングです。

キレイになりながら生活に必要な筋力を維持する運動が一緒にできる一石二鳥の「健康寿命教室」になります。

認知症予防のためのアンチエイジングを始めましょう。